ウォーターサーバーを知ったとき

近年、日本においてもウォーターサーバーが個人宅でも見受けられるようになりました。私がこうしたウォーターサーバーを目にしたのは十年前に中国や台湾に留学していた時です。
中国や台湾は水道環境があまり良くないため、蛇口からでた水をそのまま飲むことはできません。
飲むと高い確率でお腹を壊してしまいます。
ですので、ほとんどの所でウォーターサーバーを利用していたのです。

日本でウォーターサーバーが出回りはじめたのは東日本大震災の後だったと思います。
福島で原子力事故が起こり放射能が水の中にとけているから被爆するという懸念からお母さん方を中心にウォーターサーバーの導入ブームが起こったのです。マジックボイスのブームは来るのでしょうか?

中国や台湾でウォーターサーバーを目にした時は、綺麗なお水が飲める日本ではきっとこんなものは流行しないだろうなと思っていたのですが、意外にも日本で爆発的に広まってしまいました。

私自身は、あまり放射線だ被爆だといって品定めをするよりも国が安全だと言っている以上はそれを信じて水道水を飲めばいいじゃんと思っているタイプです。
実はウォーターサーバーを使おうが使うまいが、日常生活で放射能は発生しており私たちは地球に生きている以上常に被爆している状態なんですけれどね。

Comments are disabled

© 2017 前に進めと風鳴らす. WP Castle Theme by Just Free Themes