プラネタリウム

そんなわけでバタバタしましたが何十年ぶりかのプラネタリウムです。
最後に見たのなんて子供の頃の話でいつが最後だったかも思い出せないくらいですが過去に何度か来たことのある場所ではあったのでなんだか懐かしい気持ちになりました。

最近そのプラネタリウムは改装されたそうで施設内のすべての座席のシートがリクライニング仕様になったようで、確かに座った席では背もたれを倒した状態で星を見ることができました。

アナウンスとともに館内はどんどん暗くなり神戸の夜の景色に変わっていきます。
秋から冬の空で見える星の説明を聞き、その中で星座にもなっているアンドロメダ姫の悲劇のお話は印象に残りました。

ギリシャ神話のお話は普段あまり触れる機会はないですが、改めて知るとなかなか壮絶な内容のものも多く興味を惹かれるものです。
そんな感じで暗くなってからスタッフさんが説明していた間の時間は意識を保っていることができたのですが、教材用の星にまつわるビデオが流れ出すとだんだん眠くなってきて(リクライニングのせいで尚更)

気付けばビデオの半分くらいは二人揃って寝てしまっていた気がします。
内容はぼんやりと覚えてる限りですが海外にある星を観測するための素晴らしい装置を紹介する、といったものだったかと。

そんな久しぶりのプラネタリウムでした。
池袋のプラネタリウムにも行く話をしているのでその時はちゃんと起きてられたらいいな(笑)