カリスマ性のある男がモテます!デートの誘い方も上手です

世の中には異性から人気がある男から全くない男がいますが、同性の私の目から見てモテる男にはあるひとつの特徴があります。

もてる男には決まってカリスマ性を持っているケースが多いのです。その人物は決まって、グループ内の同性・異性から分け隔てなく中心的人物になっている様子が多いことが伺えます。また営業などの仕事をさせると、結果も伴って好成績なことも多く、顧客をも惹きつけるセンスを持っております。

変な言い方をすると、彼らは良い意味で詐欺師の才能があるようにも見えます。さらにそういうカリスマ性のある男の発言には例え間違っていても妙な説得力があり、男の目から見ても憧れてしまう人物も少なく有りません。

ではモテるにはカリスマ性をつければいいということになりますが、カリスマ性がない人物が意図的にそれを身につけるのは非常に難しく、無理が祟るとキョロ充と呼ばれる中途半端な存在になりがちです。

私の経験から言わせてもらうと、見た目や声、喋り方、思考回路、育ってきた環境などの先天的な要素でカリスマ性は大きく決定されてしまうため、モテない男がモテる側になるというのは中々難しいかもしれません。

あとは、初対面の女性に対してデートの誘い方が上手いことですね。
やっぱり気負わずさらっとデートに誘導してほしいものだと思いますし、確実に好印象をゲットできます。

こういった男性が現れると嬉しいものなんじゃないですかね。